最強のランディングネットとは!

湿原で使用するランディングネットに必要な要件

最強のランディングネットとは実に大げさな表現ですが、こと湿原系の河川では足場が高く通常のネットでは到底届かないと言う状況が多々あります。思い切ってウェーディングしてみるにはあまりにも自殺行為な深みについても多々あります。

思いがけない大物がいつ飛び出してくるかわからない道東の湿原河川。無理やり魚を引き抜きバレてしまうのはやむを得ないですが、ラインが切れてしまってルアーをくわえたまま川に魚を帰してしまう事もあるかもしれません。うまくルアーを取る事に成功しても自然界にルアーを残してしまうので、やはりしっかりと魚にしてもルアーにしても回収して、いかなる時にもきちんと処理したいものです。

そんな時に必要なランディングネットに必要な要件とは何でしょうか?岸壁などで使用するアキサケ用のたも網でもあればよいでしょうけど、そんな物を持ち歩きながら湿原の密林を釣り歩くわけにもいきません。大きすぎてもダメ、長すぎてもダメ、もちろん小さくても短くてもお話になりません。

つまり、いざと言う時には大きく長くなり、移動時の妨げにならないコンパクトで軽い折り畳み伸縮可能なランディングネット・・・と言うものがあればいかがでしょうか?

最強とは言い過ぎかもしれませんが、相当に使い勝手の良い物にはなるのではないでしょうか。そんなネットを探してみようと思います。

柄が伸びるようなネットがあったなら

ありました・・・これ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

第一精工 オートキングフレーム38-150R
価格:10368円(税込、送料別) (2019/5/22時点)

シャフトに反動を加えるだけで180度回転しながら38cmの円に開き、オートロックされるエイトシステムフレームと新機能『シャフト・ロック・スイッチ』により立ったまま片手だけでのスピーディーなランディングを実現!
スイッチを『ロック』から『プッシュ』にスライドさせて押さえることでロックが解除されシャフトが振り出せるので不意な回転や飛び出しを防ぎます。
ネットは全面R処理とヘキサゴンメッシュ形状でフックも絡みにくいラバーランディングネットを採用。魚にもやさしく、エリアゲーム・バスゲームのキャッチ&リリースに最適です。

●全長:150cm(仕舞寸法:17×50cm)
●重量:480g
●フレーム直径:38cm
●専用ケース付

ありました。これこれ、ほぼイメージ通りのネットではないかと思いますが、ちょっと重いかな?とりあえず取り寄せてみました。↓第一精工 オートキングフレーム 38-150R ガンメタ

折りたたむとこんな感じ・・・↓

第一精工 オートキングフレーム 38-150R ガンメタ

左は今まで使っていたネット。折り畳み最小に縮めた状態がこれ、仕舞寸法50cm・・・なかなかコンパクトにはなっているけれども、やっぱり重い。ゴムネットが特に重いですね。

そして最大の欠点はこれ↓

第一精工 オートキングフレーム 38-150R ガンメタ

約50cmの専用ケースが頭を出してしまいます。そう、底がメッチャ浅いのです・・・これは致命的な欠点ですね。あくまでも私的な使用での欠点です。製品としては申し分ないはず、です。

さて、いかがいたしましょうか?

欠点の解消で最強に

どうも一番の欠点はゴムのネットにありますね。ラバーネットは魚を傷めないネットですので、本当はこのまま使用するのが魚にとっても一番良いのでしょうけど、私の優先順位は大物ハントと機動性に他なりません。

なので、結論は簡単。ネットを交換いたします。しかも自作。

第一精工 オートキングフレーム 38-150R ガンメタ

自作、ではなく知り合いに編んでもらいました。でも深さ十分。しかも3号クレモナなので軽い!

さっきのケースがスッポリ!70クラスもらくらくランディング?出来ますか?

伸ばせば・・・

第一精工 オートキングフレーム 38-150R ガンメタこんな感じ・・・150cmあります。

湿原河川等の高い場所からのランディングが可能になりました。しかもこのネット、片手でセット可能です。もちろん立ち込んでのランディングも可能なので・・・

今考えられる最強のネットになるのでは無いでしょうか?

そんなことはないか?(;´-`)

早速モンスターアメマスをランディング!↓


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師

コメントを残す

関連キーワード