幻のイトウ釣行!その1

釣りと能力の限界について・・・

私は、あまり釣りに関係ないことは極力更新しないようにしています。

なぜって?

私自身、今は釣り以外のことは、あまり興味がないからです。でも、今回はあまり釣りとは関係ないかも・・・しれない。
お暇なら私のくだらない独り言に付き合ってください・・・

皆さんは、色々な事が重なりすぎて自分の許容範囲を超える事ってありません?
ある漫画のひとコマで、それはメモリーが足りなくなる・・・と言うそうです。人をコンピューターに例えると、HDD、CPU、メモリ等々・・・
まぁ、なんとなくわかる気がする・・・

私の場合、最近メモリーが足りてない様な気がします。しかも、何度デフラグをかけてもHDDの要領やCPUの処理速度が上がっていきません。(ーー;)
ですから、必然的にメモリも足りなくなってきます。

最近は完全に足りていません・・・年かな?
仕事と家庭と釣り・・・その他の役務。大まかには、この四つ。

私自身の能力を100とすると、優先順位の差こそありますが・・・

仕事45・家庭25・釣り25・その他の役務5・・・に分配って所でしょうか?

釣りと家庭が同じって・・・色々問題ありそうですねσ(^_^;)

仕事・・・意外と少ないか?

まぁ、いいでしょう、

ここ数日、それぞれの数値が許容範囲を超えてきています。能力のある人は、これが150、200・・・あるいは300もある人もいるでしょう。しかし、私には時代遅れのオペレーティングシステムと激遅のCPU、空き容量の少ないHDDしかないのです。

しかも、年齢を重ねる毎に少しずつ減ってきている気がしてなりません・・・

そんな訳で・・・(どんな訳?)

しばらくブログも休ませていただきました。そんな理由で申し訳ありませんが、それほどまでに、ここ数日釣りに没頭させていただきました!

幻の魚への挑戦!

まだ見ぬ幻・・・それは見えぬから幻なのか?ひたすら幻に会う為に、体力と精神を鍛えようと、かの有名なイトウ釣りの神様、高木さんを見習い、夜な夜なランニングを始めました。

そして、イメージトレーニング・・・

ルアーのその先に居るはずの、あるはずの幻の気持ち・・・
ポイントまでのアクセスルート、ルアーのチョイス、キャスティング、アクション。

 

そしてヒット!

ロッドをうまく捌き、ランディング・・・

こんな事を・・・何回も何回も処理の遅いCPUで計算し、結果をHDDに溜め込んでいきました。

 

馬鹿でしょ?

私もそう思います。

それでメモリーが足りなくなっていたのです・・・

おかげで少し体力は付きました。幻に対する気持ちは誰にも負けないつもりです。それほどまでに人を魅了してしまう幻の魚、だがしかし、現実は甘くありません。

日々続いていく、いつ果てるともわからない丸禿げに、私の精神はもう折れるところが無いくらい折れ曲がっています。

ある日の事。

まだ薄暗いうちから釣り支度を始め、延々と果てしなく続く湿原地帯を歩き、やっとの思いでたどり着く幻のポイント。打てども打てども、私のルアーには何も反応してくれません。まだ、残雪が残る湿原の春の陽気は、以外にも気温が高く、ひたすら体力を消耗していきます。

もう、私には無理なのか?

とり貯めたHDDの中身をすべて使い果たし、ヒートアップしたCPUはフリーズ寸前です。そんな時、鬼の女神が微笑んだ・・・か?

想像すると気持ち悪いですね・・・σ(^_^

岩魚の大群を私にプレゼントしてくれました。推定30~50センチの見事な魚体の群れです。数はおよそ百数十匹はいるかと思われます。

凄いでしょ?

 

アメマスじゃないですよ、イワナです、岩魚。釣りを始めて数十年・・・少し大げさかな?今まで見たことも無い光景です。が、不思議なものです。目の前に広がる夢のような光景に、決して心が躍らされる事は無いのです。

 

それは何故か?

私の見るべき幻の向こうにある光景は、それではないからです。帰路に着いてからも色々と考えさせられました。

何故、鬼の女神!?(笑)は私に見せたのでしょう?

おまえには未だ早い、と言うことなのでしょうか?

今思えば、あれは本当に私が見た物なのか?それこそ本当の幻だったのか?って、結局釣り話になってしまった!( _ _)ノ

私のくだらない話に最後までお付き合い下さりありがとう御座います。幻の向こうに見たものは何だったのか?私の思い描く幻の向こうは見えたのか?

あわせて読みたい

次回へ続く


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師

コメント一覧
  1. 山親父 より:

    こんにちは・
    イトウは特別な存在ですよね。私も札幌から年に1,2度道東イトウを狙っていますがほとんど毎日がイメトレですよ
    いい加減疲れちゃいます(笑)毎回何とか1本は上げているのですが・・・
    小さいです
    それでもやっぱり私にとっては道東のイトウ釣りは大好きです。

    • 山親父さん、こんにちは!
      何度イメージトレーニングをしても、たった一日の経験がそれを上回ってしまうんですよね!
      万全を期して臨んだはずなのに、どうして目の前にいる魚が釣れないのでしょう?
      どうしてあの時スプーンを使わなかったのか?
      どうしてあの時ミノーを使わなかったのか?
      どうして?どうして?
      そんな事の繰り返しです・・・
      少しは上手くなっているのかな?

コメントを残す

関連キーワード