5月春のアメマス釣行!釣れない釣りの楽しみ方と考え方!

2014年5月

久しぶりの山越え・・・

 全くもって釣りにならない日々が続いております。

地元湿原河川も雪代の流入で、どのポイントも激濁りで釣りにならず、こんな時はあのポイントへ、と思い久しぶりに山越えをしたのですが・・・

やっぱり、どこも思うようには釣れませんね(-_-)

斜里岳

これは斜里岳?

海別岳

こちらは海別岳か?

内容は薄いですが・・・どうぞ↓

雪代の流入にも差があるのか?

せっかく山を越えて来たので少々川辺を観察。こちら側(北側)のS系河川(斜里郡)時期的にこの5月中旬から下旬にかけて雪代が入ります。

標津郡のS系河川を比べるとやや遅めなのは、山の斜面が南側にあるか北側にあるかの違いでしょうか?微妙なズレがあるように思います。

そのズレをうまく利用すると思わぬ釣果に巡り合うこともしばしば・・・斜里郡S系河川、やや増水傾向にあり、ささ濁りの川面には、やはりお約束のサケ稚魚が泳いでおりました。

まぁ、この時期は川の増水には関係なく、どこにもいますよねサケ稚魚!問題はこいつらを追いかける魚がはたしてどこにいるのか?

そう、アメマスのことです。

駆除対象のアメマス

余談ですが、最近はこのアメマスも肩身の狭い思いをしているらしく、中には駆除の対象として扱われている始末で、あえてここでは書きませんけど、『道東 アメマス 駆除』なんてキーワードで検索をかけると・・・

出てくる、出てくる・・・恐ろしい記事が(^_^.)

実際ここ数年、アメマスには釣りの対象として楽しませていただいておりましたが、昨年あたりから、どうも釣果に恵まれず、腕が落ちたのか、魚が減ったのか・・・

さて、そのアメマスの確認をしたいのだけれども・・・

ん~、釣れませんね┐( ̄ヘ ̄)┌

時々川面をガボガボしてるので、何かはいるのでしょう、一度だけ、ノーザンバイト19.8gに反応はあったのですが、ルアーの名前に反して、バイトには至らず。推定60UPの魚影までの確認しかできませんでした。

んが、しかし

釣ってはならない魚が釣れました!(^_^;)

サク〇マス!

即リリース!

略して即リー!

地元河川も激渋!釣れる魚は・・・ 

時と場所を変えまして

地元S川

地元S川

地元S川です。

朝からの雨が酷いので、雨よけの為に橋下での釣行。

案の定・・・

釣ってはならずの即リー!サク〇マス!

略して!

釣即リー!

釣れない理由と河川状況

場所を変えまして

地元湿原系T川

地元湿原系河川

地元湿原系T川

どしゃ降り無反応・・・

湿原系ニジマス

何とか小ニジ釣れましたわ(^_^.)

それにしても、なかなか釣れませんなぁ~、釣れないと言う事は魚がいないのか?

この時期の河川状況といえば、雪代がまだ完全には抜けきらず、ちょっとの雨で増水と濁りが入ってしまいます。このような状況では通常、釣りになりません。
釣りになる環境を求めますと、自ずと上流へと足が向かうのですが、フィッシュイーターでもあるアメマスはと言うと、越冬後と言う事もありますが、サケ稚魚を追いかけて下流へと向かう時期でもあります。
つまり、上流には魚がいないのです。
いや、正確には居るけども極めて少ないと言う事でしょうか。
普段、大型のアメマスばかり釣果の対象としていますと、ダメですね。この状況を楽しめる心のゆとりが無くなってしまっています。
釣れない釣りを楽しめるようになれると良いのですが、私には経験不足、まだ早いかな?

 海はどうかな?海アメマス!

 情報求む!!!


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師