アメマス

2016年12月

気温の上昇は追い風となるか?

12月に入り、いよいよ本格的に冬の到来かと思われたが、ここ2日ほどはとても暖かい。11月に降った雪もすっかり解けてしまったようだ。本日の釣行もプラス気温で湿度も高く、晴天ではないが、まるで春のような陽気の中、結氷までの待ったなし短期決戦!
はたして結果は・・・

アメマス

 

気温の上昇が功をなすか?

アメマス

 ここのポイントは駐車スペースから川までしばらく歩く。今年の夏の長雨で地面には多くの水が含まれている為か、何処の湿原系河川もぬかるむ湿地が多く存在する。この場所も例外ではなく、ぬかるみに足をとられ非常に歩きにくい・・・お目当てのポイントまで行きつく頃には気温が高いせいもあり、汗だくになってしまった。

何にしても、今はもう12月。いつ完全結氷してもおかしくはない時期に入ってきているので、勝負どころでは妥協はしたくない。この暖かな陽気は少なからず魚達にも影響はあるかと思うので、普段はいかないポイントまで足を運んでいこう。

小型ではあるがアメマスの群れを見つけた!

アメマス

開始早々小型アメマスの群れを発見する。

一投即チビアメゲット!

やはり活性は高い!

使用ルアーはデュオ スピアヘッド リュウキ 80S

ここ最近の釣行の中では一番に活性が高いように思う。気温の上昇で水温が安定した為か・・・否か

アメマス

大きめのルアーには反応は鈍いものの、小型でアクションの大きなルアーには反応が良い。

アメマス

とは言っても、このくらいのサイズが限界か・・・

アメマス

アメマス

合計では二十数本といったところか、残念ながら大型のチェイスは無かった。もちろん本命のイトウも・・・

ん?

本命のイトウ・・・

そう、やはりいつでも狙っているのは湿原の王者であるイトウと言う魚。地元のトラウトアングラーでさえも、思うような釣りになることは珍しい。

本日のように小型のアメマスが好調な時でさえも、頭の片隅には大型のイトウをイメージしているものである。道東のトラウトアングラーは皆そうであると私は思っている。

そんなことはないか・・・

 

ポイントの選別が重要

小型とは言え通常は厳しい季節の中でも、このような釣果に恵まれるのは嬉しいものだ。

最近は本当に釣果に恵まれない。それでも共通に言える事として、やはり群れを見つけ出す事が出来さえすれば釣果に結びつくのではないかと思う。特に今の季節に限っての事。散々川辺を歩き回り、結局入渓ポイントの大場所のみでしか釣果が得られないという事も私の場合は多々ある。

冬の北海道は日が短い。闇雲にロッドを振るのではなく、選別した限られたポイントを打ち抜いて行くという事も一つの方法ではなかろうか。小さなベイトとなる稚魚がウロウロするようなポイントがあれば、そこには間違いなく捕食する魚がいる。

そんな魚を思い通りに釣る事こそ私の釣りの醍醐味である。

本日使用したルアーはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス(SMITH) D-コンタクト 63 (その1) 【ネコポス配送可】
価格:1512円(税込、送料別) (2019/5/10時点)


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師