冬のアメマス

北へ・・・

2016年12月

たった一週間で辺りはすっかり雪景色となってしまいました。
地元湿原系河川に見切りをつけて、北の山越えを試みる。

雪山

雪山

どうやら前日にも雪が降った模様・・・

思ったよりも雪が深そうだが、はたして・・・

悩むポイント選定

オオワシ

あちらこちらとポイントを探しまわっていたら・・・

オジロワシ、オオワシの群れを発見!

近づくと離れていきます・・・(;^ω^)

降りしきる雪の中の超望遠なので画は悪いですが、今度天気の良い日に一眼で狙い撃ちしてみようと思います。

それにしてもポイントが定められない。

と言うのも、前日の雪で除雪が入り、通常であれば車を止められるような場所も空いておらず予定のポイントには入れませんでした。

ダメ元で大きな橋のわきに止めて川辺に降りるも釣りにならず、早々にポイント変更をする羽目に。

どうするか?

諦めて帰ろうか?

この時期狙ってみたい所は多数あるものの、この雪ではたどり着く事は到底無理に思えて現実的ではない。

さて、時間的に見てもそろそろ本気で決めなくては・・・

行くか?

やるか?

雪漕ぎ!

途中のポイントはすべてスルーして狙うは一級ポイントただ一つ!

久々に登場、スノーシュー!

思いのほか深い雪

雪漕ぎ

堤防脇に少しの駐車場所を見つけて、そこから川辺へ降りる。

思ったよりも雪が深い。

そのままでは太ももの辺りまで埋まってしまうので、やはりここはスノーシューの出番だ。

一年ぶりの雪漕ぎは非常にきついが、ただただ釣れる事を信じて唯一のポイントを目指す。

狙いすました渾身の一撃!

湿原河川

やっとの思いで到着。

ここは春から秋にかけて、まずハズレは無いといっても良い。私にとっては相性の良いポイントだ。

どれだけ活性が低い状況であっても、相手は野生の魚である。必ずどこかでいつかは捕食をしているはず、しかもその他大勢が一斉に捕食体制に入るはずもなく、それぞれの個体が各々好みのタイミングで捕食するのではなかろうかと勝手な憶測を立てる。

という事は、比較的大場所で餌となるベイトが流れてくるピンポイントを狙えるような場所が存在すれば以外にも簡単に釣れてしまうのではなかろうか?

大場所の小さなピンポイント。ここ大事です。

湿原河川

ここが今回の攻略ポイントです。右手が上流側。

中心からやや対岸よりに流心があり水深も深く勢いがある。そこを挟むように大小のプールが形成されているような状況。左手に行くほど流速が弱くなり大きな一つのプールとなっている。

このような状況下、皆さんはどこへキャストしますか?

忘れてはいけないのが、本日狙うはこのポイントただ一つです。ここであげられる釣果が本日のすべて。プレッシャーのかかる中、ミスキャストはもちろんルアーの選別も大事な要素の一つ。

私は・・・

アメマス

アメマス

まぁまぁのアメマスを出す事に成功!

二投目でヒット。その後は追いも当たりもありませんでした。

狙いすました一撃!

ここのアメマスは本当に丸々と太って綺麗なアメマスです。

帰りも雪漕ぎツライね(;^ω^)

斜里岳

本日の斜里岳

使用したルアーはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス(SMITH) D-コンタクト 63 (その1) 【ネコポス配送可】
価格:1512円(税込、送料別) (2019/5/10時点)


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師

コメントを残す

関連キーワード