冬のニジマス

2018年2月

極寒の地に新天地を求めて

ここ道東の積雪量は現在の状況としては例年よりもとても少ない。川での釣りをするのなら雪はやっぱり少ないほうが良い。

2月に入ってもまとまった雪が降らないなと思っていたら、やっぱり来ましたね。大雪。
雪景色
少ない雪の年は色々とポイントを移動し新規に開拓することが出来ます。

最近の釣果に限界を感じて本日は色々とポイントを探ってみようと思います。

はたして結果は・・・

思いのほか雪は深かった

無い無い、とは言っても、二日間ほどの降雪ですっかり例年並みに深くなっていました。
スノーシュー
深い雪にはこれ、スノーシュー
雪中行軍
降ったばかりの雪は柔らかく、思いのほか体が沈み歩きにくい。スノーシューがあるからと言って楽に進める訳ではない。

冬場のなまった体を鍛えるにはちょうど良い。
極寒河川
新天地?になるかな?

やっとの思いで川辺に到着。夏場であれば何のことは無い距離でも冬の雪漕ぎはやっぱりきついね。

ティムコ ライオットブレードを試す

ある人からこのルアーを試してみるように勧められた。
ライオットブレード
ティムコのライオットブレードなるルアー。

冬の激渋の状況にこれ以上効くルアーは無いとの事。

ホンとかな?

でも、私が常日頃から体験している真冬の釣りには理に叶っているのではないかと思う。

シルエットが小さく、しっかりと底が取れる。

そして根掛りしづらい。ここ大事!

二本の髭みたいな棒が障害物を回避してくれるらしい。

これは心強い!

これ、ブレードジグって言うんですかね、初めて使います。今まではスピナーは使用したことはあるのですが、はたしてこいつはどんな働きをしてくれるのか?

期待を込めて第一投!

なんと、なんと、なんと!

一投目にロストしてしまいました(´・ω・)

いやぁ~、大失敗!なんということでしょう~。

久々ですね、こんな失敗。どんなルアーか分からなかったので、ただの一個しか購入していませんでした。

ので、

釣れるルアーどうかは今のところ証明できていません。

ただの一投しかできていませんが、このルアーのインプレッションをどうぞ・・・↓

いつものようにスプーンで底を取るように流心のやや上流側へキャスト。この大きさで9gありますのでキャスタビリティは上々。着水後ブレードがブレーキの役目を果たしているのかスプーンよりは緩やかに、また一定の速度で沈下していきます。その時にブレードは細やかにキラキラと小さなジグ本体とは裏腹にしっかりと魚へアピール出来ているように見えます。
水深のある所では底に着くまでに流れに押されてしまう程に緩やかな沈下速度です。着底の感触はスプーンとほぼ同じような感覚で良いと思います。根掛かりしないはずが、しっかりと根掛かり致します。安心は禁物。底を取る場合は岩や石などによりフックの先が甘くなる傾向がありますので、逐一チェックする事をお勧めいたします。流れに乗せてリフトアンドフォールでも良いでしょうし、水深のあるポイントではフォール中のバイトも期待が持てるのではないでしょうか。アップからの釣りを得意とし、ダウンからの巻きには不向きかと考えられます。これらの特色を考慮して厳冬期の激渋のアメマス達へ使用してみてはいかがでしょうか。釣れるかどうかはあなたの腕次第!

こんな感じでいかがでしょう・・・(;^ω^)

頼れるものは過去の実績

それでは気を取りなおして、お馴染みのルアーをチョイス。
アメマス

40クラスのアメマス!リッジ50Sにて

やはり小型のシルエットのルアーには反応してくれますが、簡単ではないですね、やっとのおもいで一本。

ポイントをかえて

夏場と違い、特に雪が深くなってしまいますと、ひとつのポイントからの歩行移動が相当に困難を極める事になります。なので、ピンポイントで責めてはまた車で移動するといった事も冬の釣りでは、ある意味効率の良い釣りとなる事があります。
極寒河川
アメマス

60UP!アメマス!D-コンタクト63

太陽が照り水温が上がった為か魚の活性があがり、このアメマスはミノーに果敢にアタックしてきました。この時期でも活性が上がればしっかりとルアーを追う事がわかりました。

さらにポイントを移動

極寒河川
ニジマス

54cmニジマス!シルバークリークスピナーZ9gにて

ニジマス
すばらしい!まさに絵にかいたような美しさ!
でも、外来種・・・なんですよね(;^ω^)

釣りを終えて

ポイントの新規開拓を、との想いで挑んだ本日の釣行。

結果としては思う程新しいポイントは発見できませんでした。

新しいルアーライオットブレードの試みも不発に終わってしまい、新しい事へのチャレンジとは難しいものだとつくづく感じられた一日となりました。

それでも過去の実績あるポイント、ルアーは健在でしっかりと釣果を出せる事に、また一つの自信へとつながったことも事実です。

まだ見ぬ未知の大魚は何処か・・・斜里岳
今日も荘厳な雰囲気マックスの斜里岳でした。

本日使用したルアーはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミス(SMITH) D-コンタクト 63 (その1) 【ネコポス配送可】
価格:1512円(税込、送料別) (2019/5/10時点)


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師

コメント一覧
  1. ウミンチュ より:

    北の釣友さん。
    おはようございます
    コメント見てますかね?
    60UPのアメマスと、55のニジマスおめでとうございます㊗️
    新規開拓お疲れ様でした!新規ルアーの方、惜しかったですね!次回期待しておりますよ(本当)
    それにしても、エム・アイレ トルッチャーボロンと、
    ABU ambassadeur のセット、素敵ですね!いいタックルです(本当)

    • ウミンチュさん、こんにちは!
      いつも御覧いただきありがとうございます。コメント見てますよ!
      しかしながら、いきなりのルアーロストに自分でも驚きました・・・( ゚ ω ゚ )
      こればっかりは相性もあるのですかね。すぐに再購入、とはならず躊躇しております。
      タックルは厳寒期のお気に入りの組み合わせですが、正直このクラスの魚ではかなりヘビーに感じます。
      この季節の不意の大物に耐えうるものとして使用しているのですが、不意の大物はいつ出てくるのか?
      目標は80アップ?ノー!90アップです!( ゚Д゚)

コメントを残す

関連キーワード