春遠い道東湿原のイトウ!偏向レンズ望遠カメラで撮影を試みるが

2015年4月

春まだ遠い道東湿原河川

年に一度、奴らが帰ってくる。

道東湿原河川

日本国内最大の淡水魚にして多くの釣り人を魅了してやまない魚。その名はイトウ

私、へたくそ釣り師もその魅力に取り憑かれた一人です。今回は根室のスーパーアングラーSSKさんに同行させてもらい、各所、鬼(イトウ)の出現場所を探索してみる事にしました。

幻の淡水魚の撮影

道東湿原河川

CANON PowerShot SX50 HSにて

水面のギラつきをおさえる為の偏光フィルターも装備して光学50倍ズーム、準備万端なはずなのだが・・・

いかんせんカメラの技量が伴わない・・・(^^;)

道東湿原河川

光学50倍ズームに偏光レンズで試す

道東湿原河川

試す。

道東湿原河川

偏光レンズ無し

道東湿原河川

やっと見つける事が出来ました。

やや右上前方

推定90センチくらいのオスのイトウ。

道東湿原河川

右岸の縁にて

道東湿原河川

右岸から横切る瞬間・・・わかりますかね?(^_^.)

本日のイトウ調査はこの一本のみでした。先週も同じ場所にて確認できたのですが、うまく撮影出来ずに終了。イトウと言う魚を釣る事は非常に難しいものです。

せめて画像に収めたいと思ったのですが、それもまた難しいものと思い知るのでした。釣りもカメラもまだまだ修行がたりませんね!

そしてアメマス釣行へ

同日。

場所は変わりましてSSKさんのガイドの元、やってきましたアメマスの聖地。ここは知る人ぞ知る秘境中の秘境!

私自身も過去20数年前に訪れたことがあるようなないような・・・

詳しい場所をお伝えできないのが残念ですが、

アメマス

開始早々、SSKさんのロッドがしなる!

しかし、サイズが・・・

アメマス

私も何とかヒットするもサイズが伸びない・・・

先日の雨による増水もこのポイントはお構いなし!

深場のポイントには居ついているようです。

アメマス

アメマス

アメマス

アメマス

SSKさんの60UP!

アメマス

アメマス

アメマス

上空に寒気が入り気温、水温ともアメマス釣りには少々厳しい状況でした。

しかしながら、さすがスーパーアングラーSSKさん、そんな厳しい状況の中でもしっかり釣果を伸ばしていきます。アメマスの活性が鈍い中、釣果のポイントはやはりボトムでした。

この他にも62センチの大物。そして、バラしてしまったものの推定70クラスの大物。やはり居る所にはいるんですねぇ。

時折ボイルは見られるもののトップでの釣りに終始してしまうと、サイズが40前後とサイズが伸びていきません。

セオリー。

アメマスはセオリーです。

私のへたくそな経験上、アメマスの大物はボトム!

これセオリー。

八割がた・・・(^_^.)

私はスプーンにてボトム付近をトレースするも50ちょいが最大でした・・・

それでも最近の釣果に恵まれない中、うっぷんを晴らすには十分!久々に右腕の上腕二頭筋が引き締められる思いがしました。

これからもカメラと釣りの技術を磨いていきたいと思います。

イトウの画像。

もっとお届けできるよう精進いたします!!!

本日使用したカメラCANON PowerShot SX50 HSの後継機↓


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師

コメントを残す

関連キーワード