ABU5501C分解リールメンテナンス

前回5501Cリールメンテその1からのつづき

ABU5501C

ウォームシャフト部

おそらく・・・巻き取りが重いのは、こいつのせいだと思われます(^_^;)

ABU5501C

ブレーキプレート裏面

おそらく・・・クラッチが戻らない原因はこの中に・・・あるのだと思います。

ABU5501C

では、ハンドルから分解していきます。

気を付けよう、案外部品はもろい・・・

ABU5501C

Eリング

パーツリスト上ではリテーナーとなっていました。
なくしやすい部品なので、注意が必要です。

ABU5501Cパールブラック パーツリストはこちら

ABU5501C

部品を取り外した順番に並べてデジカメで撮っておくと、あとで組む時に非常に楽です。ここまでは特に気にすることはないですが、ABUアンバサダーは堅牢である。との神話が、この時すでにもろくも崩れ去るのでした・・・(^^;)

プラパーツ割れた・・・(-_-;)

気を付けよう!

原因の究明か?

ABU5501C

ABU5501C

さて、いよいよメインのブレーキプレート周辺。もどらないクラッチの原因を見つける事が出来るのか?


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師