ABU5501C分解リールメンテナンス

原因の特定は困難か?

小出しの更新で申し訳ありません。

その3です。

ABU5501C

①左サイドプレートを外して②ブレーキプレート、③メインギヤを順番に分解していきます。

ABU5501C

ABU5501C

④ポジションホルダーと⑤ピニオンヨークを取り外します。

ABU5501C

ABU5501C

復刻版アンバサダーは何故にプラパーツを使用するのか?

ピニオン壊れそうで外せない・・・(^^;)

ABU5501C

⑥クラッチアーム、⑦リリーストリガー、⑧リンクアーム、それぞれ外して各部の点検。ん~、特に問題があるような所は見当たらず・・・

ABU5501C

とりあえず洗浄し、

ABU5501C

⑥、⑦、⑧を組み付けました。

 ABU5501C

他のサイトで、クラッチアームのこの場所の摩耗が原因でハンドルの空回りが発生するとの情報がありましたが、私の場合はそれほど摩耗は見られませんので、ここが原因とは考えられませんね。

ABU5501C

ピニオン、ビフォー

ABU5501C

アフター!

割れたらいやなので、このままで・・・

ABU5501C

④ポジションホルダー

正直私は復刻アンバサダーは、この板バネだけで動力のほとんどを制御しているものと思っていたのですが・・・

ABU5501C

これ、なーんだ?

今回使用したオイル・グリスはこれ↓

1セットあれば何かと重宝いたしますので、おすすめです。


ランキングにご協力ください。m(_ _)m↓


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ツイッターもやってます!
北の釣友byへたくそ釣り師