コンクエスト201DC!リールメンテ!

中古コンクエスト201DCの状態

先日、釣り友達に・・・もう使えないリールあるけどいる?

と言われ、

速攻で返事をして、いただいたリールがこのコンクエスト201DC。なんとも高価な品物をいただきありがとうございました。(⌒▽⌒)

これ、凄いんですよ!

何が凄いかってぇと、この状態ではまずリールとして機能してません!可動部分はすべて渋く、スプールも曲がってるんじゃないの?ってな具合で・・・
ハンドルを回してみるも・・・シャリシャリ、ガリガリって(;^ω^)

この状態から察するに、海水使用ですね。しかもノーメンテで・・・
このままでは部品取りにも何も使いようがありませんので、とりあえず分解してみます。

コンクエスト201DCの分解

通常はケースの裏蓋?を開けて、DC機器本体を取り外します。すると簡単にスプールが抜けてくるのですが、

外れない・・・(-_-#)

ハンドルを外し、ケース本体のカバーを外します・・・が?

外れない・・・(-_-#)ん~、

やばいんじゃない?これ?

部品取りも何も、何一つ使えませんよ、これじゃ!次にスプールドラグを外します。

うおっ!真っ赤、錆で!スプール軸をハンマーで

トントントン!

トントントン!やっと外れた!ついでに蓋も外れた!

んで

コンクエスト201DC

コンクエスト201DC けっこうきてますね(^_^;)
ベアリングとしての機能はまったく果たしていません!やはり海ですね、きっと海で使用していたのでしょうね!

やはり、ノーメンテで・・・もったいない・・・

コンクエスト201DC

コンクエスト201DC

メインギヤ軸、わかります?腐食でネジ山が欠損しています。ドラグワッシャーから座金、メインギヤまで固着して一体物となっていました。

どうやって外すかしばらく悩んで、色々試しましたが最後はガスであぶりました。ばらばらに崩れてしまいそうなので石綿?部分だけは外せませんでした。

この時点で必須交換部品としては
メインギヤ軸   1000円
スタードラグ座金C  300円

まぁ、ベアリングは言うまでもありませんが・・・とりあえずすべて分解、洗浄、注油します。

コンクエスト201DCの組み付け

コンクエスト201DC

綺麗になりましたね、ちゃんと組めるのか心配です。
各部ベアリング等の部品は、綿棒、ウエスで汚れやグリスを落とし、フィルムケースに入れて、パーツクリーンでひたすらシェイク!これで結構綺麗になります。

そして注油し、組み付け・・・

すると、

コンクエスト201DC

こんな感じ、

コンクエスト201DC

組めましたねぇ~、メインギヤ軸のねじ山が気になりますけど・・・(^_^;)

コンクエスト201DC

錆や腐食についてはリューターのワイヤーブラシを使って磨き上げます。当然ベアリングも外して洗浄します。同じようにハンドルノブも分解洗浄して組み付け!

コンクエスト201DC

はい、出来上がり!どうでしょう?いい仕上がりだと思います。

ノブもブーンとスムーズな回し心地、コンクエ独特のゴリ感も無く、クラッチレバーもちゃんと動きます。スプール軸のベアリングがいまいちですが、使えるレベルにはなったはず!

作業を終えて・・・

一時は再起不能とも思われたリールが一つ復活いたしました。私もここまでの分解整備は初めて経験するのですが、やれば出来るもんですねぇ。

今はデジカメ等があり、きちんと分解前に撮影しておきますと、その後の組み付け作業を確実に進めることができます。面倒でもご自身で分解整備する場合は試してみてください。

今後もリールメンテナンス、色々チャレンジしてみます(・_・)/

 
今回使用したオイル・グリスはこれ↓

1セットあれば何かと重宝いたしますので、おすすめです。

コメント一覧
  1. fen より:

    はじめましてfenと申します
    コンクエスト201DC!リールメンテ!のブログ見せていただきました  
    そこで質問なのですが
    DC基盤(DC機能)は大丈夫だったんですか?
    同じリールを所有しているのですが、耐久性に不安をかんじていまして質問させていただきました
    またお時間有るときにでもご返答下さい。

    • fenさん、はじめましてこんにちは!
      こんなブログでもご覧いただきましてありがとうございます。
      DC機能は問題なく動作出来ておりました。
      今は私の手を離れてしまったリールですが、知人の話では今も問題なく使用できているようです。
      電子部品?なので腐食等にも気を使いますが、意外にも丈夫なものだと感心しています。
      実は同じ機種をもう一つ持っていたりもするので、
      これからも末永く愛用したいものです。

コメントを残す

関連キーワード